銀行カードローンの返済はATMでOK

角丸

銀行カードローンの返済はATMでOK

現在、消費者金融に借入れがあり、毎月口座振込みで返済している方はいませんか? 消費者金融の借入れの返済方法は口座振込や口座振替、ATM(提携 ATMを含む)、店頭窓口やコンビニなどの方法があります。 中でも、口座振込みで返済をしている人に、ぜひ、知って欲しいのが銀行カードローンです。 その理由は、口座振込みにおける振込み手数料にあります。 数ある返済方法で、口座振込みは借金を返済するのに手数料がかかってしまう状態にあります。 振り込み手数料は振込み1件あたり105円から。

中には、1件あたり600円を越える振込み手数料を払っている人もいるはずです。 よって、多重債務をしている人が口座振込みで返済をしている場合、1ヶ月に数千円の振込み手数料を払っている可能性もあるのです。 これを1年に換算すると数万円。これは見過ごせない数字ではないでしょうか。 それが、銀行カードローンの返済の場合、口座振込みの場合と同じように銀行ATMからの入金することで返済ができ、 手数料は無料。借入れ極度額の設定は各銀行違いますが、数百万円まで借りられることがほとんどです。 では、銀行カードローンの一例を見てみましょう。

取り上げるのは岩手県の第二地銀、北日本銀行のカードローン「アスモ」です。 申込みや審査の段階で窓口に行く必要はなく、すでに口座を持っていれば契約時も郵送で済ませることができます。 また、貸越極度額100万円以下ならば所得を証明する書類の提出も不要なので、手軽に契約することができるのです。 そして、返済は貸越残高10万円以下ならば、月々2000円の返済となるので、今月はピンチのときでも、なんとか返済できそうです。 この月々の返済は口座引き落とし、任意返済の場合は所定の口座へ入金するだけ。ATM(提携ATMを含む)やインターネットで返済できます。 この返済に、手数料はかかりません。

さらに注目したいのが、銀行カードローンは総量規制の対象外であるということです。 総量規制が心配な方の、心強い味方になることでしょう。 カードローン契約だけではお金はかかりませんし、必ず借入れをする必要もありません。 もしものときのために、銀行カードローンを作ってみてはいかがでしょうか。 また、先に取り上げた借金返済を口座振込みで行っている方は、同じATMに行く手間で返済ができ、 振込み手数料が必要ない銀行カードローンは魅力的なはずです。

角丸